脳卒中における再生治療の効果と可能性

間葉系幹細胞ができること

1. 血管の再生

血管再生のしくみ

高齢化社会に伴い、罹患率が増加する一方の脳卒中は、今まで脳神経幹細胞を用いた研究が積み重ねられてきましたが、現在期待されているのが「血管再生」にターゲットをおいた再生治療です。 現在行われている血管の再生治療法は、患者様の体内に存在する「間葉系幹細胞」という細胞や血管を新たに作る作用を持つサイトカイン(細胞から放出され、種々の細胞間情報伝達分子となる 微量生理活性タンパク質)を利用して、血管を誘導するという手法です。

このような方法を用いて、現在では、多くの病院で、足や心筋、脳などの血管が詰まり血行不全を起こした場所に、間葉系幹細胞を含む骨髄液を血管内に投与することで、毛細血管を新たに作り出し、血流を改善する試みが行われるようになってきています。

2. 神経の活性化及び再生

間葉系幹細胞が神経幹細胞として働くことを用いて、壊れた脳細胞周囲の脳神経細胞の活性化および再生をおこなう方法です。これは間葉系幹細胞を投与することにより内因性神経の再生を活性化して、神経幹細胞をより定着させ、傷ついた神経細胞を再生させるといった方法なのです。しかしながら、投与された間葉系幹細胞が神経細胞になることが確実に実証されたわけではありません。ですから、今後このような治療結果が確実に進む方向で、研究がすすめられています。

3. 血管の修復

1.の血管再生の作用に近いものなのですが、すでに脳卒中を起こしてしまった部位に対してではなく、今現在、多少傷ついているが脳卒中を引き起こすまでに至っていない血管を、今後脳卒中が起きにくいようにきれいに修復しておこうという方法です。
脳卒中を起こしてしまった方の不安には、どれぐらい症状が改善するのかという他に、再発してしまうのではないかという心配をお持ちではないかと思います。このような不安を解消するため、傷みかけている血管を直接修復できうる方法として注目されています。

骨髄中の間葉系幹細胞

血管再生にターゲットを置いた再生医療の可能性

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル:0120-931-015 受付時間 10:00~17:00

お問い合わせ

交通アクセス

MAP

〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル4F
JR「京橋駅」北出口・京阪「京橋駅」中央口・地下鉄鶴見緑地線「京橋駅」
3番出口

交通アクセスの詳細

診療案内

× × ×

※その他祝日がお休みとなります。

診療時間
10:00 ~ 19:00 (完全予約制)
[受付時間] 10:00~17:00

治療例のご紹介

院長ブログ 再生治療体験記や最新情報を院長自ら公開中
再生医療を使った脳卒中の後遺症治療や、再発予防の具体的な治療法または治療例、最新情報などをご紹介しています。

再生医療のお話 再生をしるために必要な情報を動画でご紹介
再生医療への理解を深めるために必要な情報を院長自身動画でご紹介しています。