再生医療の診療の流れ

01. カウンセリング・診察

問診、診察(患者様自身が来院された場合)を行ったうえで、患者様がこの治療をお受けになることができるのかどうか判断を行っています。
脳の損傷部位、原因、症状及び、今まで受けられた治療内容が分かる資料をお持ちいただければ、より正確に判断が可能となります。
このようにして、患者様の状態を十分把握したうえで、この療法を行うにあたっての治療の目的、安全性やリスク、そして効果についても綿密にお話しさせていただきます。
そのうえで、この治療をお受けになるかどうかご判断いただければと思います。

02. 採血

採血による血液検査と感染症検査を行い、治療可能な状態なのか、ウイルス等に感染していないかをチェックいたします。

およそ1週間で判定結果が出ます

03. 骨髄液の採取

培養用の血液を採取します。
次にベッドにうつ伏せになり、局所麻酔を使って痛みをなくします。その次に骨髄穿刺針を用いて、腸骨から骨髄液を採取します。

*当日の入浴はお控下さい。

04. 幹細胞の培養

採取された骨髄液から骨髄幹細胞を抽出し、約4週間かけて大切に培養を行います。
骨髄幹細胞の培養は、厳格な品質管理のもとで行われます。

05. 幹細胞の投与

培養を行い増殖したご本人の骨髄幹細胞を約4週間間隔で合計3回の点滴により体内に投与します。

06. 予後検診

最終投与の6か月後に検診に来て頂きます。検診では、問診及びSIASテスト,QOLテストを行い患者様の状態を確認致します。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル:0120-931-015 受付時間 10:00~17:00

お問い合わせ

交通アクセス

MAP

〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル4F
JR「京橋駅」北出口・京阪「京橋駅」中央口・地下鉄鶴見緑地線「京橋駅」
3番出口

交通アクセスの詳細

診療案内

× × ×

※その他祝日がお休みとなります。

診療時間
10:00 ~ 19:00 (完全予約制)
[受付時間] 10:00~17:00

治療例のご紹介

院長ブログ 再生治療体験記や最新情報を院長自ら公開中
再生医療を使った脳卒中の後遺症治療や、再発予防の具体的な治療法または治療例、最新情報などをご紹介しています。

再生医療のお話 再生をしるために必要な情報を動画でご紹介
再生医療への理解を深めるために必要な情報を院長自身動画でご紹介しています。