「脊髄再生医療」及び「神経変性疾患再生医療」の新規治療開始のご案内

これまでの百数十例の脳卒中再生医療を行ってきた経験を活かし、より多くの脳神経の病気に対して再生医療を行えるように、脊髄損傷を起こされた患者様に対する再生医療(脊髄再生医療)及び神経変性疾患への再生医療(神経変性疾患再生医療)を新たに治療として厚生労働省への申請が令和2年10月23日に認められました。

 

それに伴い、

脊髄再生医療

https://www.apoplexy.jp/other/other02/ 

神経変性疾患再生医療

https://www.apoplexy.jp/other/other01/ 

をホームページに加え、リニューアルいたしました。

 

また、これらの治療を行うようになった経緯もホームページ上の各治療案内にて詳しくお話しさせていただいております。

是非ご覧いただければ幸いです。

 

※神経変性疾患とは「パーキンソン病」、「筋委縮性側索硬化症(ALS)」、「アルツハイマー」、「脊髄小脳変性症」などの神経の変性によっておこる疾患です。

「脳卒中再生医療」とは、
厚生労働省より再生医療等提供計画番号:PB5160002を取得している治療方法です。

脳卒中でお困りの方へ_脳卒中再生医療ってご存知ですか?初めての方はこちら

今すぐ電話をかける

休診案内

9月24日(金)診察時間短縮のお知らせ

もっと見る

休診案内