ブログ記事一覧

土曜休診のお知らせ

新型コロナ対策として、当分の間土曜日を休診とさせていただきます。 大変ご迷惑をおかけしておりますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。 医療法人大雅会 理事長 福富康夫

オンライン診療を導入しました。

ふくとみクリニックは「脳卒中再生医療」を2012年に開始し、現在では100名を超える患者様に治療を行ってまいりました。 そして今では、全国より患者様に受診していただけるクリニックへと成長いたしました。 その結果、移動が困難な患者様やお住まいがご遠方の方から、『電話やオンラインでの相談はできないか』というお声を以前より多数いただいており、今回新型コロナの影響でさらに患者様の移動が困難な状...

非常事態宣言解除に伴う診察時間について

新型コロナウィルスにおける非常事態宣言が解除されました。 これに伴い、短縮しておりました診療時間を6月1日より通常通りに戻して診察を行います。 医療法人大雅会ふくとみクリニックにおきまして、 患者様と職員の安全を守り、患者様に安心して治療を受けていただけるよう、以下のことを引き続き徹底させていただきますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。 ①職員、及び医師の「マスク着...

診療時間短縮のお知らせ

新型コロナウィルス蔓延防止のため、緊急事態宣言が発令されました。 以前お伝えさせていただいた事項をより徹底させていただく所存でございます。 これに付け加え患者様に、より安全に安心して診療を受けていただけるよう、 患者様の移動による感染リスク防止、及び培養士を含むクリニック職員の体調管理と 通勤等による感染リスク防止のため、 緊急事態宣言が解除後、皆様の安全が確保されるまでの間、 ...

新型コロナウィルス感染対策について

本日、「緊急事態宣言」が発令されました。 医療法人大雅会ふくとみクリニックにおきまして、患者様と職員の安全を守り、患者様に安心して治療を受けていただけるよう、そして日本における新型コロナウィルス感染症が少しでも早く終息できるように以下のことを徹底させていただきますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。 ①職員、及び医師の「マスク着用」「診察ごとの手洗いの実施」「毎日の体温測...

第4回特定認定再生医療等委員会開催

現在、日本で再生医療を行うには「再生医療等の安全性の確保等に関する法律(平成25年法律第85号)」という法律に従わなければなりません。 この法律の規定により、再生医療を行っている病院施設は一年間に治療を行った件数を厚生労働省に報告する義務があります。 この法律に従いふくとみクリニックでは、 平成30年6月3日に大阪第一ホテルにて第4回医療法人大雅会特定認定再生医療等委員会(厚生労働省...

脳卒中再生医療ブログ Vol.19更新いたしました。

脳卒中再生医療~脳卒中になった医師が受けた最先端医療~ Vol.19 第2回特定認定再生医療等委員会のご報告を更新いたしました。

第2回特定認定再生医療等委員会のご報告

ふくとみクリニック院長の福富です。 先日4月1日に第2回特定認定再生医療等委員会が開催されました。 そこでふくとみクリニックでこれまで行われてきた再生医療の症例報告を行ないましたので、 ご報告させていただきます。 脳卒中再生医療についてですが、これは4月1日現在で治療が終了された方の数です。 症例数は34症例で、 幹細胞投与回数は合計89回に及びます。 この患者様...

医療法人大雅会特定認定再生医療等委員会が厚生労働大臣より認可されました。

平成28年3月28日に厚生労働大臣より、 ふくとみクリニック院長福富康夫が代表者である 医療法人大雅会特定認定再生医療等委員会が認可されました。 この委員会は、再生医療等法の安全確保等に関する法律(平成25年法第85号)に基づき、 幹細胞を用いる高度な再生医療である第2種再生医療等の審査を行える機関であり、 再生医療技術や法律の専門家等の有識者からなる合議制委員会で、 一定の手続き...

脳卒中再生医療を行うようになった理由④

ふくとみクリニック院長の福富です。今日は、脳卒中で倒れて入院になった以降のお話をしたいと思います。僕の場合、幸いなことに手術までは至りませんでした。しかし、脳梗塞で脳が腫れる為1~2週間は予断を許さないという事でICU(集中治療室)に入院になりました。何故脳が腫れるといけないかというと、脳が腫れると呼吸をつかさどる部分が圧迫され、呼吸が止まってしまうのです。幸い脳の腫れも治まり、一命は取り留めまし...

「脳卒中再生医療」とは、
厚生労働省より再生医療等提供計画番号:PB5160002を取得している治療方法です。