脳卒中における再生治療の効果と可能性

脳卒中における再生医療の効果と可能性

脳の再生療法については、いまだ更なる発展の余地を残し、いろいろな細胞を用いた再生療法の研究がなされており、 多くはまだ臨床応用を行う前の基礎研究の段階にありますが、一部はすでに臨床応用が始まっています。 当クリニックでは、基礎研究の積み重ねにより、安全性が確認された臨床応用を採用し、脳卒中による後遺症と脳卒中予防に対して、 再生医療という新しい観点からの治療を行っています。 具体的な治療方法としては、まず骨髄から採取した骨髄液から骨髄幹細胞を取り出します。次にこれを培養し、骨髄幹細胞の数を数千万~数億個に増やします。そしてそれを静脈点滴注射により体内に投与します。

骨髄中の間葉系幹細胞

間葉系幹細胞とは 固有の系列に属する何種類かの細胞へと分化することができる細胞です

骨髄の中には、「造血幹細胞」と「間葉系幹細胞」が存在しています。

この間葉系幹細胞は、まだ名前が付けられていない1972年にデクスターらが体外で造血幹細胞(血を作る細胞)の維持に必要な細胞として骨髄中から取り出して培養することに成功しています。
1990年代に入ってからは、骨髄中の細胞から、骨、軟骨、脂肪といった細胞に分化する細胞株を作り出し、これは中胚葉から分解してできる細胞の一部で、完全な自己複製能を持って いるとはいえませんが、多分化能を有することができることから「間葉性幹細胞(mesemcymal stem cell)」と呼ばれるようになりました。
これ以降、この「間葉性細胞」に関する研究は一気に拡大することになり、1999年にはヒトからも同様の細胞を採取することに成功しました。

間葉系幹細胞は、iPS細胞や受精卵やES細胞(どんなものにでも分化する可能性がある細胞)と同じような分化能(いろんな細胞 になる機能)はありませんが、自己複製機能を維持し、固有の系列に属する何種類かの細胞へと分化することができる優秀な細胞です。
逆に間葉系幹細胞は、ES細胞と違い、どんな細胞にでも分化するというわけではなく、中胚葉由来の細胞になることが ほとんどで、多分化能をもつが限定的だというというところに大きな相違点であり、素晴らしい可能性を秘めた細胞だということなのです。

間葉系細胞ができること

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル:0120-931-015 受付時間 10:00~17:00

お問い合わせ

交通アクセス

MAP

〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル4F
JR「京橋駅」北出口・京阪「京橋駅」中央口・地下鉄鶴見緑地線「京橋駅」
3番出口

交通アクセスの詳細

診療案内

× × ×

※その他祝日がお休みとなります。

診療時間
10:00 ~ 19:00 (完全予約制)
[受付時間] 10:00~17:00

治療例のご紹介

院長ブログ 再生治療体験記や最新情報を院長自ら公開中
再生医療を使った脳卒中の後遺症治療や、再発予防の具体的な治療法または治療例、最新情報などをご紹介しています。

再生医療のお話 再生をしるために必要な情報を動画でご紹介
再生医療への理解を深めるために必要な情報を院長自身動画でご紹介しています。