院長ブログ

患者A様 脳梗塞発症 51才

ふくとみクリニックで実際、この脳卒中再生医療を行った患者様の実例をご紹介したいと思います。 患者様A 年齢51才 50歳の時に左内頚動脈閉塞による脳梗塞を発症。右片麻痺及び意識障害を認めました。 その後脳浮腫が起こったため減圧開頭手術を行わざるを得ませんでした。 そのかいもあり脳浮腫が落ち着き、意識改善もみられましたが、 左脳梗塞及び右片麻痺が残ってしまいました。 リハビリも行い、...

  • 2014.05.20

vol.3 なぜ脳卒中再生医療を行うようになったのか? ③

ふくとみクリニック院長の福富です。 脳卒中再生医療を知り合いの方にのみ治療を行っていたとき、 突然僕が脳梗塞を起こしてしまったお話をしたいと思います。 ある夜、パソコンで作業をしていた時のことです。 一瞬眩暈がしました。 「疲れているのかな?この2年ほどほとんど休んでないなー!」 と思った瞬間です。パソコンの画面がグルグル回り始めたのです。 「まずい!これは脳出血か、脳梗塞、...

  • 2014.04.11

vol.2 なぜ脳卒中再生医療を行うようになったのか? ②

ふくとみクリニック院長の福富です。 前回のお話の続きです。 僕がこの治療を行うようになった決定的な理由についてです。 それは僕の「医師」そして「人」としての考え方によるものなのです。 世の中に「必要とする人」がいて、それを「提供できる人」がいたとします。 それを第三者がしてはいけないとストップをかけてしまうことに対して僕はおかしいと思うのです。 僕が小児外科をしてい...

  • 2014.04.11

vol.1 なぜ脳卒中再生医療を行うようになったのか? ①

ふくとみクリニック院長の福富です。 はじめに、僕がなぜ最先端医療である脳卒中再生医療を行うようになったのかについて お話ししたいと思います。 僕は、救急、小児外科、美容外科の治療を行ってきました。 そして、「美容外科は診療外科である。」「手術で患者様が前向きに人生を進んでいただく。」ことを 真っ直ぐに実行するため、2009年3月にふくとみクリニックを開院いたしました。 そし...

  • 2014.04.11

院長あいさつ

初めまして、医療法人大雅会 ふくとみクリニック院長の福富康夫です。この度、ふくとみクリニックに脳卒中再生医療科を新設するに当たり、多くの方々にご尽力いただいたことに心から感謝いたします。皆様のご期待にお答えできるように、真摯にこの治療を行っていきたいと思っております。このブログを通じて、少しでも再生医療の素晴らしさや期待度の大きさわかっていただけるよう頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたし...

  • 2014.03.31

「脳卒中再生医療」とは、
厚生労働省より再生医療等提供計画番号:PB5160002を取得している治療方法です。