• 脳卒中再生医療 骨髄に存在する未分化な細胞である幹細胞が持つ血管の損傷、閉塞した部分に対して血管を修正、新生する能力を使い脳卒中による後遺症の改善、脳卒中の再発防止のための治療を行っています。クリニック概要へ
  • 再生治療の効果と可能性 再生治療の可能性が期待される中、骨髄由来細胞が脳梗塞後の「血管修復」に関わっており、さらにこれらの細胞の現象が「脳梗塞の発症」と関連していることが報告されています。 脳卒中における再生治療の効果と可能性へ
  • 後遺症による不安を解消 脳出血・脳梗塞による後遺症に苦しんでいる多くの方々が再発の不安からも開放され前向きに人生を歩んでいかれるための最新治療を行っています。脳卒中とその後遺症についてへ
  • カウンセリングのお問い合わせ。治療の困難な後遺症をもたらす脳卒中に対し、それらの原因である「脳虚血」に対する治療のターゲットは、現在では神経再生から「血管再生」が主流となりつつあります。0120-931-015[受付時間] 10:00~17:00 メールでのお問い合わせはこちら

脳卒中の後遺症にお悩みの皆さまへ

2008年度の厚生労働白書によると、要介護 3以上のほぼ全介助が必要な患者数は全国に169万人、そのうちの約 1/3に相当する55万人は脳血管障害が原因疾患です。過去30年間に脳卒中に対する新規治療法の開発がいろいろと進められてきました。
しかし、発症 3時間以内における「血栓溶解療法」以外にはほとんど進歩を見ることがありませんでした。そして残ってしまった麻痺からの回復は、不可能だとされてきました。

脳の病気になると、脳神経細胞が壊れていくことで様々な障害が起こります。昔から「脳は一度損傷を受けると再生しない」と言われてきましたが、脳科学の発達により、損傷した脳を再生させる治療が可能な時代になってきたのです。
再生医療による治療は、幹細胞が細胞分裂によって多くの細胞に分かれ、身体の組織や器官を形作る様々な細胞へと変化し、傷ついて古くなった細胞を入替え、病気やケガで失われた細胞を新しく補充することで、疾患の治療をめざすというものなのです。
このような治療法の多くはまだ発展途中の段階ですが、一部は既に臨床応用が行われており、種々の脳疾患に対する新しい治療法として注目を集め、今までになかった結果を出しつつあります。

新たな可能性を模索されておられる患者様はまずご相談ください。 施術を行うか行わないか以前に、いろいろお話をさせていただきます。
当クリニックは、このような相談が治療と同様に大切なことだと考えております。カウンセリングは完全予約制となっており、1時間程度のお時間をいただいて、症状の聞き取り及び評価、患者様とご家族の方の今後の考え方、そして再生医療の治療方法についてしっかりお話しさせていただきます。
ご相談の際には、現在の病気及び症状、今まで受けてこられた治療内容がわかる資料をお持ちいただきますようお願いしております。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル:0120-931-015 受付時間 10:00~17:00

お問い合わせ

交通アクセス

MAP

〒534-0024
大阪市都島区東野田町2-9-23
晃進ビル4F
JR「京橋駅」北出口・京阪「京橋駅」中央口・地下鉄鶴見緑地線「京橋駅」
3番出口

交通アクセスの詳細

診療案内

× × ×

※その他祝日がお休みとなります。

診療時間
10:00 ~ 19:00 (完全予約制)
[受付時間] 10:00~17:00

治療例のご紹介

院長ブログ 再生治療体験記や最新情報を院長自ら公開中
再生医療を使った脳卒中の後遺症治療や、再発予防の具体的な治療法または治療例、最新情報などをご紹介しています。

再生医療のお話 再生をしるために必要な情報を動画でご紹介
再生医療への理解を深めるために必要な情報を院長自身動画でご紹介しています。